スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭文字<イニシャル>D

2006/07/06 22:03
とうとう?遅まきながらDVDでイニD見ちゃいましたっ!
しげの秀一原作の同名のマンガの実写版。マンガの方は、
最初の頃には弟がはまっていて、買って来ていたので、
私も何となくそれを一緒に読んでいましたが、その内、
弟も私も飽きてしまい、いつしか途中で買わなくなって。。。

どうしも原作と比べてしまいそうだし、アクションシーンも
「えぇ~?!これってどうよ?!」ってな感じなんじゃ~
ないかしら?等と思い、香港映画という事でどんな風に味付け
されるのか多少は気になりながらも、見るチャンスに恵まれず、
今日まで来ていたのですが、ですが、とうとう、
弟が借りて来てしまいました。DVD。

まず単純に見て、思った事!!!
FC乗りの高橋涼介役、エディソン・チャンが、かぁなぁりぃ
良ぃっ♪(爆)
もぉ~、あんなんでFC乗られた日にゃ~。。。
あっ、よだれが。( ̄¬ ̄*)(核爆)

全体的には、あんなに綺麗な道は、日本のどこ探してもないよ
って位、サーキット並の超綺麗な道。ま、映画ですからね、
映画。(笑)何でも新潟の方の道路を閉鎖して取ったとか、
途中群馬県の榛名で撮られたシーンもあるらしいですが。。。
そう言えば、前にカー雑誌で、日本の何処かの公道なのに、
サーキットのように使える場所の紹介があっていましたが、
あれって、その新潟だったかしら?(よくは覚えていません。)

アクションに関しては、迫力は確かにあるっ!ただ、乗り手が
写る時、そんなに軽々ハンドル回すか~?!そんな事したら、
飛んでくぞって思った箇所も。(苦笑)
走り屋の青春ほろ苦映画としては、上出来な方かと思われまする。
私の場合は、何より、エディソン・チャンが見たいが為に、
何度も繰り返し見ておりますが。(//∇//(//∇//(//∇//) テレテレ
あ、もちろん?見た後、走りに行きたくなりました。(笑)
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

初めまして、コメントありがとうございます。エディソン検索で、
こちらに飛んで来て下さったのですね、凄く嬉しいです♪
弥彦山スカイラインって言うんですね。へぇ~。あのトンネルも、
新潟なのかぁ!何だか凄い!近かったら、絶対に1度は走りに
行ってるでしょうねぇ~。怖いからグリップでしか走れないかも
知れないけれど。(笑)映画って、面白いですね、自分の知ってる
景色が、非日常の映画という世界に映し出されると、ちょっと
違う感動を呼ぶような気がします。
情報提供ありがとうございます。m(_ _)m



はじめまして。エディソン検索でここにきました。

この映画に出ていた新潟県の封鎖された道路は弥彦山スカイラインというところです。
私も新潟県在住、(ドリフトはできないけれど)車好き主婦。頭文字D大好きで、映画を見てから何度か弥彦に行っています。
映画冒頭から何度か映っているトンネルもあります。トンネル抜けて遠くが霞がかっているところは、実は日本海です。
冬の土砂崩れの復旧工事で、トンネル側はいけませんが、なかなかハードなコーナー続きです。
ぜひおいでください(^_^)



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。