スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際シンポジウム

2005/10/25 23:48
母校で第3回になる国際シンポジウムなるものが行われました。
テーマは、「銀行業におけるコーポレート・ガバナンス」
迎えたのは、中国工商銀行都市金融研究所副所長の樊志剛氏、
と他に5名、工商銀行の主要メンバーが来熊し、午前10時より、
12時半まで通訳を挟んで1人40分強の報告×3。

ここで工商銀行について少し。
中国工商銀行とは、四大国有銀行(工商銀行、中国銀行、
農業銀行、建設銀行)の内の1つ。国の政策を支える為に
作られた名前の通り国が所有する銀行です。
市場経済が急激に押し進められる中国において、その
対応策を講じるべく、株式発行による海外投資家の勧誘、
並びに国際的投資基準の導入、リスク管理・審査、
内部管理機能の強化等、グローバル化に向け
インフラ整備に余念のない工商銀行を始めとする
中国国有銀行。

そんな国有銀行のエリートとなれば、社会主義中国においては、
差し詰め高級官僚と同じ位の威厳を持つ人々?!
といった所でしょうか。(苦笑)ほんと、みんなちょっと?
偉そう。(笑)

以前は、国が全て管理する為、利益の追求がしにくく、
責任の所在も曖昧な所が目立ったが、昨今の市場化現象に伴い、
銀行にもコーポレートガバナンス(企業統治)が、求められる
といった状況になり、今回のテーマでのシンポジウムが
実現したものと思われます。

樊志剛氏の話しは、前半の国有銀行改革以前の状況説明と
急速に市場化を進める銀行の現状そこまでは、そこまでは、
面白かったのですが、その後はいかに工商銀行が魅力的な
投資先であるかといったプレゼンテーション色が強く、
経営効率化を目指す!といった内容の物でした。

少し前には、日本の不良債権処理に非常に興味を
示していた中国は、うやむやのままに自国の不良債権処理
を終わらせたようで、その点は、国の所有している銀行が
国の所有する企業に貸し付けた物が焦げ付いたとしても、
それは借りた物なのか貰った物なのか見分けが付かない
状態の中で起こった事で、始めもうやむやなら、
終わりもうやむやで事が足りる?!ま、これは極端な
言い方ですが、とにかく日本よりもその後の手立てが
早い!そんな印象を受けました。

我が恩師の報告は、銀行のコーポレートガバナンスに
ついてここ数年の間に、金融当局の検査の厳格化により、
市場規律に基づく物からは、遠く離れてしまった日本の
現状。長期的に利益が上げられるかどうかに
焦点を当てる大口の機関投資家による株主資本主義、
または機関投資家資本主義に触れ。

企業の社会的責任、企業と株主の関係、企業内部の統治
のあり方が問題にされる事、その中でも企業と市場との
関係で、アメリカでのコーポレートガバナンスの
特徴として一般株主の分散化と機関投資家の台頭を挙げ、
株主を重視するのか、従業員を重視するのか、さまざま
な利害関係者の利益をどう調整するかでコーポレート
ガバナンスのあり方が大きく変わり、企業内部での
経営姿勢をどのように組織だてて統治するかが課題と
なり、特に問題となるのを経営の意思決定のあり方だ
といった報告内容でした。

ま簡単に言うと色んな人が色んな面から口出しするから、
それを上手くコントロールして行けたら、内実共に
バランスの取れた良い企業になりますね!
といった感じでしょうか。(笑)
にしても、ちょっと長くなり過ぎたわ。簡単な
レポートになりそう。(爆)そうそう、余談ですが、
地方ニュースでシンポジウム風景が放送された際、
多分ちらりとだと思いますが、写ってたみたいです私。(笑)
写る言えば、むかぁ~しコマーシャルにも
出た事があったなぁ~、とその話しはまた次回。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
m(_ _)m
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

むぅにぃさん、こんな長たらしいblog読んでくれて
ありがとです。書き終わった時点で、こんなの
読む人はいないなっ!って確信してたですよ。(笑)
ほんと、この世の中、諸々の事象が絡み合って、
何とか成り立っていますからねぇ~。
物々交換の方がどれだけ気が楽だったか。(爆)
およっ、皆勤賞でテレビ出演?!素晴らしい!
今は、取材なくなっちゃったんですか?
自己主張の時代なので、今年末は是非売り込みを!(笑)
ご子息おばちゃん情報番組に出演ですか?
う~ん、将来が楽しみですな!(意味不明)



ちと仕事ともからむ内容だったので興味深く読ませていただきました。
モノを流通させる際には必ず代金決済が絡みますし、輸出入にも政府が絡みますので、結構大変ですよね~
TV出演と言えば、且つては年末年始はほぼ皆勤賞で地方のニュースにチラっと出てましたが、時代の流れか、今は取材ないですね(T_T)
息子は夕方のおばちゃん情報番組に出演し、レポーターのコン◎ット満さんに名前連呼され、それを見た息子を知らない職場のビル管理のおばちゃんに、「あんたんとこ息子、TVにでんしゃったろ~」と、思い切り指摘されましたが(笑)



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。