スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾で運転するために

2009/08/19 22:28
20090819222803

台湾入境前に、免許更新と同時に
国際運転免許証を取得しましたが、
この国際運転免許証、「ジュネーブ条約」
(道路交通に関する条約)に
加盟している国でのみ通用する物
らしく、これに台湾は入ってない
(中国もむろん入ってません)事が、
入境後判明!?!?

申請時に、滞在国を記入する欄が
あったんで、ちゃんと「台湾」
って書いたんだし、手続き最中に
誰か気付いてよ!って感じです。(涙)
お陰で申請料損しました。(怒)

ではどうすれば良いかと言うと。
JAFで「中国語翻訳文(台湾)」
って事で申請し、その翻訳文を
日本の免許証とパスポートと
同時に携帯する事によって
1年間は、運転出来るらしいです。
その後は、台湾の免許に切り換える
必要性が出てくるのだとか。

なのでJAFへ。家から20分位の
所に熊本支部があって良かったぁ。(苦笑)
申請料3,300円。所要時間小1時間。
と言う訳で、交通の便が悪い
台湾で、いつでも運転出来る
状態にはなりました!

ま、あまりにも原チャリが多くて、
事故に合う確率も高そうなので、
もう少し中国語が分かるように
なってからが良いのかなぁとは
思ってみたり。(苦笑)
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

確かに何かの際には、要は気迫な訳で、自国語でまくしたてるのに
勝るものはないと思いわれまするぅ。
兄ぃの場合、方言まじりですか?興味津々♪
ほんと、原チャリの量が半端じゃないんですもの。(苦笑)
免許については、今回、私もビックリでしたよ。



現地の言葉でけんかすると負けるので、むかついた時はどこでも日本語でまくし立てる馬鹿チンデス(自爆)
しかし、東南アジアの交通事情はどこ行っても凄いよね~
って、国際免許のそんな罠、始めて知ったっす!



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。