スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY日記その14?!Medical Record

2005/01/14 21:11
ERで診断書を書いてもらおうの巻き!
まずは、保険会社からの書類にお医者さんに当日の状態等を
記入してもらう箇所があった為、午前11時頃NYU Medical Centerへ。
まずは直接ERに入っていくのはまずいかと思い、総合入り口の
受付のおいちゃんに聞いてみた所、本館の(ERは別館)
案内所で聞くよう言われ、場所を教えてもらい案内所へ。
そこで聞いてみると、直接ERへ行けと言うので、
いざERへ。(まさか2度もERを訪れる事になるとは
夢にも思いませんでした。)

でERの受付で聞いてみると、中のナースステーションで
聞いてみてと言われ、中へ入って「かくかくしかじか」と
話をしてみた所、書類を調べるから待つよう言われ、
確認した後、その時間にERに待機していたお医者さんに
尋ねてくれたのはいいのですが、担当者じゃないと
書けないと言う。前回ERを去る際に貰っていた、
注意書きのような物も持って行っていたので、その裏を
見て、看護婦さん曰く、担当の先生は14時以降しか
来ないと言う。しか~し、私は14時から17時まで授業!

んじゃ?17時以降に来ても良いかと聞いてみた所、
先生は数時間しかERにいないと言う。をぃをぃ。
なので、来れないのなら、12時半から13時の間に
電話をしてみるよう勧められ、仕方なく一旦帰る事に。

12時半過ぎに言われた番号にかけてみるが、返事がない。
そこで、出来るだけ早く済ませてしまいたかったので、
学校には遅刻の連絡を入れ、13時50分再度ERヘ。
受付で、「あら?さっき来たわよね。」
「看護婦に会えなかったの?」と聞かれ、説明した所、
先生は14時過ぎに来るから来たら教えてくれると言う。

20分程待った後、「来たわよ、こっちこっち。」と呼ばれ、
「ふ~。」と思ったのも束の間、出て来たのは、
白人の50代位の女の先生!え?私が当日会ったのは、
アジア系の30代の女医さん。(名前を覚えていれば、
もう少し違った結果になったかもしれないのですが、
ですが、当日はもう死にそうだったので、聞いた気も
するのですが、ま~ったく覚えてない!)はぃ?!

でもめげずに、保険会社からの書類を見せ、説明すると、
ちょっとデータを調べるからと言い、去ってしまいました。

んで、戻ってきたのは良いのですが、何か紙を持っている。
で、いろいろ数字を見ながら、「ちょっと糖が出てるけど、
まぁ大した事はないわ。他はほぼ正常だから。」との
説明をして下さる。う~ん、ちょっと違う気が。
でも、この時、当日大した手当は受けていないのに、
これだけ私の体のデータが出るのか?!と変な所で
驚いてしまいました。でも、私が欲する物は違~う!

で再度、紙を見せて、これを書いて欲しいの!
と言うと、「へ?!」って顔して、ちょっと貸してと
受付の中へ持って行って何やら、「こんなの見た事な~い。」
とのたまう。続けて、受付の中の女性も、「何これ?!」って。
だから~、保険会社から送って来て~と言うと、
紙にちょっと目を通し(小さく英語でも説明書きがされていて)
「当日の記録でいいんじゃない?」じゃ、「メヂィカルレコードで
代用出来るわよ。うんうん、ちょっと待って!。」

うぅ~、どうなってるの?って感じで待っていると、
私のMedical Record Numberを教えてくれ、
本館2階のMedical Recordへ行けと言う。
「はぁ~。」と思いながらも、教わった通りのルートを
辿って本館へ。で、着いてMedical Recordを頼むと、
10日後に電話してね!って。はぃ~?!10日後?

思わず聞き返すと、担当のおっちゃんが、「たくさん
Medical Record待ってる人がいるんだよ~、分かるでしょ。」
って。はぁ~。でもでも、そこで、以前学校から、当日の
Doctor Noteがあれば、欠席扱いにならないと聞いてきたので、
申し込みの際、「学校にも出したいの!」と言うと、
「学校は簡単なNoteで良いから、すぐ出せるよ!」と。
相当、どこに行けここに行けと回されたけど、
面倒だと思い学校に出すのを諦めていたNoteが
手に入った~♪って事で、万事OK牧場(古)で
てくてく20分程歩いて、学校へと行ったのでありました。
おわり。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。