スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修論の手直し?!

2005/09/29 17:20
今、私が手がけている論文は、修士の学生の頃に提出した
修士論文!本来は博士課程に入ってすぐに、修論の手直しをして、
その後の研究のテーマ並びに方向性を確定するのが常なのですが!
私は当時、どうしても自分の修士論文を読み直したくなく、
拒否していたので、今になって、(正直言うと、)
論文の本数かぜぎの為に、修論に再度手を付ける事になりました。

博士号取得の為には、レフリー付きの論集に論文が載る事が
条件(回数は学校によっても規定が違うと思います。)なので、
未だ世に出ていない私の修論は、格好の餌食?!(違)
しかぁ~し、2年間と言う限られた時間の中で、期限ギリギリに
慌てて書いて提出した修論を読み直してみて、ビックリ!
ちょっと思い違いをしている自分に気付いてしまったのです。

ちょちょっと現在の事を入れて、修正すれば終わるだとう
程度に考えて、あ~、これでまた1本終わるわぁ~♪
等と、安易に考えていた事を今頃反省しております。
これを世に出すには、大幅な訂正が必要かも?!?!?!
現実逃避しそうです。(笑)

ちなみに、当時のテーマは今ではちょっと古く?なって
しまいましたが、「アメリカでのRTCの活動と日本の不良債権」
RTCとは1989年から1995年までアメリカで活躍した、整理信託公社。
日本の整理回収機構がモデルにしたのがこれです。ま、形や
大枠の処理体制は別として、その中身は、どちらかと言えば、
RFC(復興金融公社)に近いと私は思うんですけどね。
修論では、何を勘違いしたのか、このRTCが出来た事が出来れば、
日本の不良債権もささっと片付く~♪証券化も一気に進む~♪
なんて本気で考えていましたからね。ま、日本はアメリカでは
ないと言う事を再確認する良い機会になりましたよ。(笑)
早く頑張って、1本終わらせてしまわなくては!NYで少しだけ
集めた資料も織り交ぜて、これを書き終えたら、すぐ次が待っては
いるのですが、勢いが付いていいムードが自分の中に作れるような
そんな気が、気が…気が。。。するから。(爆)
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

あれ?さっき、レス付けたつもりが付いてない?!(涙)
え~っと、気を取り直して!
3万円~5万円は大きいよ~。私の貰える額は、それより
小さいよ、しかもそれから税金引かれるし!(爆)
土曜も出勤で論文頑張ったんだね、お疲れ!
私は土日を遊びモード全快で、論文?何それ?
って位頭の中カラッポ。真剣やばいよっ!(自爆)



金の問題かよ!!!
ま、うちの場合は月に3~5万円UPになるんだよね♪
もちろんボーナスにも影響しますにゃ。

明日も出勤なので、論文仕上げに頑張るっす!
かおりんもがんばれーーー



えっ?!絶対、君だよ!だって、かかってるお金が違うさ!(爆)
私のは、仕上がっても論集に載るのは、半年程先で、
その後ほんの少し頂ける程度だもの。(苦笑)
君は、昇級がかかってるんでしょ?そりゃ~頑張らなくっちゃ
だよねぇ♪o(⌒∇⌒*)o



論文進んでる?
うちも昇級論文書き直してるとこなり。
どっちが先に仕上がるか、勝負だ~~~



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。