スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もみじマークの奇怪な運転

2008/12/28 02:53
先日に引き続き、「もみじマーク」の話題。
ツインズからの帰りの出来事。
またも、「もみじマーク」の奇怪な行動に
出くわしました。

旧国道、一車線ずつの道で、前に軽トラが一台。
「もみじマーク」付き!
ある程度の車間距離をおいて、
前のスピードに合わせてゆっくりめに
運転していると、前の軽トラのブレーキ
ランプが点灯。
軽トラのスピードが緩まる。

「ん?右折or左折でもするか?」
と思い、私もブレーキ。
ところがこの軽トラ、道のど真ん中で停止。
しかもバックランプが一瞬点灯!!!
をぃ!?(爆)
焦りましたよ。スピードは全く出ていないため、
私が停止するのには、何の問題も
なかったのですが、とにかく道の真ん中で、
さっきまで走っていたそのままの状態で、
バックランプが点灯した事に、ビックリ
した方が大きくて。しかも、「そのまま
バックしたらどうしよう?」ってな事の
方が怖かったかも?!(汗)

だって、その場合、私が停止のまま
だったら、ぶつかってしまう訳で、
必然的に私もバックしないといけないでしょ?
幸いにも、夜で私の後ろには1台も車は、
いませんでしたが。。。

バックランプ点灯って、ATの場合、Dから
上に2つ位シフト上げないと点かないよね?
MTだったら、クラッチ踏んでめっちゃ手前に
引いてギア入れないとならないよね?
意味が分かりません。これも、危険予測
なのでしょうか。(爆)
予測の範囲を超える行動かと。。。

その後、車は微妙に路肩に寄った為、
(その際、「左へ寄るよ~。」といった
ウインカーorハザードは一切なし。(涙))
かなり広くスペースを取りつつ、
ゆっくりと確実に追い越しました。
いやはや、怖いです。「もみじマーク」。
つい最近、罰則付きで義務付けられていた
「もみじマーク」が努力義務に戻された
道路交通法の改正案。

「もみじマーク」を着ける着けないうんぬんの
前に。適正検査等を行い、明らかに
判断力等が衰えている場合には、
運転を見合わせるような、誘導策が
欲しい所。タクシーの低料金化とか。
ま、それには財政支出が伴うのですが、
高齢者が加害者になる事故も増えて
いるみたいだし、事故が増えるのを享受するか、
財政支出(きっと、消費税増税等で、
最終的には国民負担なんですけど)が
増えるのを享受するかって問題に
なってきそうですが。。。

とにかく、私の中では
「もみじマーク」=奇怪な行動傾向あり
って事に、最近の経験上なってしまいました。(苦笑)
高齢者の皆様ごめんなさい。
でもでも、F1ドライバーに70歳以上の人
とかがいないのが、何よりもの良い証明かと。
(ちょっと調べた限りでは、56歳で現役
F1ドライバーだったデニス・ハルムという人は
いたようです。レース中心臓発作により死亡。)
後、74歳でカートをばりばりやっている人も
いらっしゃるようなので、一概には言えませんが。。。

これは余談ですが、2001年の記事によれば、
101歳の人で5人が免許を保持していてその内2人は、
現役ドライバーだとか。。。(怖)でも、それから
7年、もうすぐ8年。その方々は、109歳?!
もうさすがに、誰も現役ではないかと。(苦笑)

ま、上述した事は、私の中ではって事で!
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。