スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏むということ。

2008/10/23 11:59
昨日、約1週間振りに愛車との再会ということで
またまた久留米に行って来ました。
コブクロ大カラオケ大会に未練を残しつつ。

いえね、代車のワゴンR、MTだけど超快適楽々だし、
コブクロCD歌いまくれるし、めっちゃお気に入りなんです、
わたし。(笑)

ま、いつもTWINSにお邪魔したらついつい話し込み
大体夕方から閉店まで居座るのが常なのですが、
今回は、踏みの話しに。。。ドリフト状態に入ってからは、
高回転をキープすることにもちゃんと気を回せるけれど、
どうしてもストレートでちゃんと踏めない私。
何をもって踏むっていうのかが、よく分かっていなかった
と言った方が、正しいかもしれませんが。。。

で、知ってしまいました!踏むということ!!!
口での説明はなかなかしにくいということで、
TWINS社長直々に、踏むのお手本を見せて下さいました。
ストレートを2本だけですが、その違いは明らか。
何を言わんとしていたのか、驚く程に理解してしまいました。
そこで、私が感じたのは。。。
非常に厚い壁。(沈)

回転数が上がってくるまで、ひたすら待ちの態勢だった私。
無理矢理にでも高回転に持って行き、それを保って
ドリフトに入るためにストレートでも超高回転を
維持するだなんて考えてもいなかったし。。。
頭では、その違いが痛い程に良く分かりました。
が、しかしこればかりは、少しでも近づくように、
実際自分がやってみないと。。。ですよね。
とにかく、広場行かなくっちゃ!という訳で、
広場情報求む。(苦笑)
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

しかも、重ステやったりしたら、踏まないとハンドル
言う事聞きませんんよね?!(笑)
はい、当時確かに言いました。そう思ったもので♪
前~に、広場で竹さんの確か86(多分にFCじゃなかったはず)
を借りた際、「86ならそれなりに踏むんやね。」と言われたことが
ありました。でもでも、今回の衝撃は、きっとその時でさえ、
ほぼ踏んでないに近い程、凄い物だったのっす。
今ここで14を降りるのも何なので、スピードに慣れる
しかないのかなぁ?と考え中。
かくいう、兄ぃは高回転マニアっすかぁ?!(_¬_)逆ニヤリ



そうだ!ハチロクに乗ろう!!
きっと、高回転マニアになれるばい♪
いつやったか、「兄ぃの踏みが変わった!」って、久々に一緒に走ったとき言いよらんかったっけ?
ハチロクはノーマルなら遅いけ、踏みっぱも怖くなくて楽しいバイ!



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。