スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行儀の悪さと集中力?!

2008/08/11 15:29
論文書くのって、ある意味創作活動な気がする、最近の私。
たまに、生活の中で「小説家もこんな感じかなぁ。」なんて思う。
最終的に、博士論文は、本にするのが慣習なので、
「本を出版する」という点では、同じだが、
博士論文を本にした物は、全くもって一般受けを狙っていないので、
印税でボロ儲けのチャンスがない点では、大違いだが。(;ー;)

そんな訳で、博論修正、並びに要旨作成も終盤。
しかしながら、本気で集中力のない時には、どんなに
Word開いても、全く無理な時がある。そんな時、
非常に行儀が悪いと思いながらも、i-Podでノリの良い音楽を
ガンガンかけながら、椅子にふんぞり返って、お腹の上に
ラップトップを置いて、足は本棚に投げ出して、とにかく
Wordに打ち込む。正にその時の私には、「書きなぐる」
という表現がピッタリだと思う。

取り敢えず、この方法で、進む。時もある。(爆)
ただ、この方法は、資料を読む時にはあまり使えない。
アウトプットでは非常に有効だが、インプットの作業中には、
うるさい音楽は、邪魔なんだと思う。
後もう1点気をつけるべき点がある。
それは、書き物(文章)は、進むが後にちゃんと
読み直してみないと、かなり乱暴なことを勢いで
書いてしまっていて、説明不足だったりすることもある。
ま、一向に進まないよりもましな、最終手段的な方法と
いうことで。(苦笑)
そんな私は、今日、まさに上記を実行中です。(笑)
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。